自宅で腎臓病の食事療法をするなら宅配サービスがおすすめ

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加
ご飯

うまく利用して負担減

腎臓病の食事の注意点は、塩分とたんぱく質の量です。毎日、腎臓病食を考えて作ることは大変です。そこで腎臓病食の宅配利用が便利なのです。各メーカーによりたんぱく質の量が異なるため、医師から示されている値と照らし合わせてみましょう。また1食置き換えにすれば、経済的負担を減らすことも可能です。

食事

届けてもらえる健康食

糖尿病の方に必要なエネルギーや栄養管理は、自分でやるのではなく、糖尿病食の宅配を利用してプロに任せるのも1つの手です。1週間分まとめて届けてもらって冷凍保存できるので、受け取る手間も最小限ですむのも特徴的です。

「食べる」という治療法

お米

腎臓の負担を減じる意義

腎臓の病は酷く進行すると元に戻らないものです。近年の医療進歩で腎臓の機能の低下の防止を試みることができますが、基本的に手術は患者に負担を与えることがあります。しかし、食事療法では負担という負担がない。これが食事療法のメリットなのです。食事療法による腎臓病への具体的な効果は、腎臓の機能低下などの進行を抑止、また体内の食塩や水分などの濃度の偏りや老廃物の蓄積をなくすことができます。これは自分で栄養バランスを考えて食事を準備することができますが、忙しい方は難しいでしょう。そんなときは腎臓病食の宅配業者に依頼するのがおすすめです。業者が届ける食事は基本的に管理栄養士が考えたメニューなので、これを日常的に食べることで症状の深刻化を食い止めることができます。

正しい治療のための要点

では、実際に腎臓病に対する食事療法とはどんなものでしょうか。この治療法で抑えるべき要点は五つあります。タンパク質、塩分、カリウム、水分、エネルギーの五つで、どれも摂取すぎない、に尽きます。タンパク質は身体の構造、塩分は消化吸収など各々に役割を果たしますが、過剰に摂取することで身体に悪影響を及ぼします。タンパク質は分解された後はほとんどが老廃物となり、塩分は高血圧の恐れにもなります。また、カリウムは腎臓病が進行して機能が著しく低下した腎不全という状態で摂取すると、高カリウム血症を引き起こします。場合によっては水分の制限も必要です。エネルギーだけは少し他と異なり、摂取しすぎないことの他に適正量を保つことが必要で、適正量は体重に三十をかけて求めることができます。

和食

中年男性は対策が必要です

暴飲暴食の多い人に多く見られるのが「痛風」です。プリン体を含む食事を多くとると、尿酸値が高くなり痛風を発症してしまいます。症状を改善するには、食事改善が大切です。独身や一人ぐらいしの人は栄養が偏りがちなので、バランスを考えた宅配食を活用すると良いです。